秋 花粉症 咳 頭痛 いつまで 熱 対策 など

テキストディスプレイ-記事上-レクタングル
Sponsored Link

鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、花粉症の症状がでると、とても切なく大変ですよね。
色んな草木の花粉、夏場ほどではないにしろ秋、冬も飛散しているって知ってましたか?

今回はその秋の花粉症について解説したいと思います!

Sponsored Link

秋の花粉症で咳は出る?

花粉症の症状は風邪をひいた時の症状ととてもよく似ています。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳が出るなど…。そのため、花粉症なのか風邪なのか判断に迷うことがあります。

肌寒くなってきた秋口にそんな症状が出ると風邪を引いたかな…と思っていると、2~3日しても症状が治まらない…そんな時は花粉症の可能性も疑ってみるべきです。

花粉症の鼻水はずっと透明な水状なのに対して、風邪の場合の鼻水は日にちが過ぎると透明な水状から黄色っぽい膿状のものに変わっていきます。

一方くしゃみは、花粉症の場合一度に何回も連続して起こったりします。

咳に関しては、アレルギー反応が鼻の中で起こり、それが気管に伝わって咳が出ます。

激しく咳き込んだり、喉に不快感を覚えたりなど、放っておくといつの間にか悪化してしまうことがある為、早めに病院での診察を受診することをオススメします。

秋の花粉症で頭痛は起こるか?

花粉症でも頭痛は起こるのでしょうか…。今日になって何だか頭も痛くなってきたなぁ…。そのような方も中にはいらっしゃるようです。
花粉症の症状は上記でもお話ししましたが、それに加えて頭痛が起きたりもします…。

ここまでくると本当に風邪の時の症状と同じですよね。また頭がボーっとしたりもするので、車の運転などには注意が必要です。
最悪の場合、症状が同じと言う事から花粉症と風邪を同時に併発してしまっている…という事も可能性としては起こりうることです。

鼻づまりによる息苦しさと、鼻をかむたびに体力を消耗して、精神的にも肉体的にも意欲が落ち、色々な面で支障が出てしまいます。そうなる前に早めに対処するようにしましょう。

秋の花粉症の期間はいつまで?

花粉症は一般的に春先というイメージがありますが、実は夏や秋口も花粉は飛散しています。
スギ花粉、ヒノキなどは2月~4月頃がとても多く、それ以降も微量ながら飛散しています。

秋口にかけてメインの花粉は、田んぼのイネや、公園、河川敷などあらゆるところに生息するブタクサ、ヨモギなどで、5、6月、8月~10月頃まで飛散しています。

こうしてみると、量の多い時期少ない時期はあれど、花粉はほぼ1年中飛んでいることがわかります…。

また関東や東北など地域によって時期がずれたり、その年の天候などによって、花粉の量が増えたりもします。更に家のホコリやダニといったハウスダストによるアレルギー性鼻炎もおこることからその症状はいつでも起こりうる環境がある…と言えるのではないでしょうか。

この事からもピークの時期が来る前に、早めに花粉症の対処を心掛けるようにしましょう。

秋の花粉症の対策は?

花粉症の対策としては色々ありますが、基本的には身体に花粉を侵入させない事。

普段のうがいや手洗いマスクや遮断メガネの着用などがあります。外出先から帰宅したときは、衣服や髪などをよく払って、花粉を落とすようにする。花粉が付着しやすいような毛羽立ったコートは着ないようにする。

花粉の飛散が多い日には、扉や窓を閉めて家の中に花粉が侵入しないように注意する。普段から免疫が上がるように健康な体作りに注意する。お風呂やシャワーで花粉を洗い流す。空気清浄器を活用する。花粉の発生しているところへは行かないようにする。

こまめに掃除をして、部屋の中の花粉を除去する。睡眠不足にならないよう規則正しく生活する。

などなど、皆さんもこれらを参考に辛くなる前に事前に対策をねりましょう!

秋の花粉症で熱は出る?

身体がだるく微熱が出てきた…これって花粉症なの?
花粉症の症状は風邪の症状と似ている事は前述しましたが、中には発熱する人もいるようで、花粉症でも熱が出る…という事が言えます。その原因としては鼻の中がかるい炎症を起こしたため。といわれています。
もう一つ考えられる原因は、体に入ってきた花粉を風邪のウィルスと同じと身体が判断したため、免疫が過剰反応した…ということから発熱したと考えられているようです。

また花粉によって高熱が出るということは稀で、ほとんどのケースは熱は出ないか微熱程度だということです。日常生活に支障の出るようになると大変ですから、この場合も悪化する前に、早めに病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

と言う事で、秋口にもおこる花粉症について解説しました。

最後までご覧いただきありがとうございました!^^

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする